下流のお一人様家計簿blog☆彡

座右の銘#お金は取るより使いよう(ご立派な 負け惜しみ・・) 毎月の家計簿公開と その他雑多なブログです

【自己紹介】
下流界おひとりさまアラセブンと申します。

日記内での言葉遣いは、方言で書く日記、「です。ます。調」でない日記
が出てきますご無礼をお許しくださいませ。
2020年2月ブログ開始

ブログデザイン模索中のため・突然デザイン変更あるかもです。

  🌺::::::::::::::::::🌺::::::::::::::::::🌺::::::::::::::::::🌺:::::::::::::::::🌺

カテゴリ: 年金生活者




昨年、私の団地から2時間以上かかる 田舎に、
長女夫婦が家を建てることになりました。

娘が「自分は長女だし、お母さんが何かあってもすぐ行けないから、
一緒に住む気がある?あるなら部屋を作るから・・」と言ってきました。
(そういわれて、私は住む気はないとは言いません)

本音は、これ以上齢をとらなければ、
体力続けば独居が気楽で良いです。
しかし、これからは年取り身体的に低下したときの心配はあります。
それと、今の団地の雰囲気あまり好きじゃないし・・
「住む気はあるけど、2.3年はまだ今の団地に住むよ」と返事しました。

まさか娘が、同居を考えているとは、
私は思ったことがありませんでした。
(ちょっとうれしいけど、娘とうまくやれるかが心配・・)

娘は、同居はお母さんの自由でどちらでもいいと言いましたが、
私は一応、同居の方向で考えると言いました。

images


昨年、ローンを組むにあたり、
200万円を頭金にプラスするように娘に上げました。
(同居するときに、じゃよろしくなんて・・
手ぶらで居候的なのは、私は嫌なのです) 

私の部屋の畳数×坪単価を聞いたら、
もう100万追加で渡そうと思っていましたので、
合計300万円になります。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



今年、5月家が建ち、娘夫婦は5月20日に新居に入居しました。
(娘夫婦には手のかかる2歳の女児がいるので、
以前から、引っ越しの時は手伝ってと言われてましたが、コロナ自粛で手伝いに行けませんでした)
県をまたぐ移動自粛が解除になったので、7月後半に新居訪問する予定でいます。
その時に、今年積み立て預金が満期になったので、50万円渡すつもりです。
あとの50万円は少しづつ渡そうかなと思っています。

私なりに試算した


「自分の受給年金が不足したときの老後資金」は、
確保していますので、
それには手を付けないようにしたいと思っています。

現在は 受給年金の10万円以内で生活ができているので、
老後資金を取り崩すことなく生活しています。



ランキングに参加しています
応援クリックをいただけたら励みになります 下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村           

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ 
にほんブログ村


人気ブログランキング






年額 1341519円です。
 1133

月受給額にすると111793円ですが、
介護保険料を月額約4600円を天引きされるので、
残額は約107000円です。
従来は国民健康保険料も年金から天引きするのですが、
申請により自払いができます。

私はセブンカードのnanacoポイントを充当して払ったり、
yahooポイントを充当して払ったりするために、自払いの申請をしました。
(yahooの公金払いは、5000円未満は手数料が無料ですが、
5000円以上になると手数料が発生します、
私の健康保険料は5000円以内なので、無料です)

健康保険料に比べて、介護保険料は高すぎる!!!と思っています。
(私は65歳まで、ケアマネジャー職を10年間ほどしていたので、
介護保険料の無駄遣いの現状を知っている)


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


本日は3カ月ぶりくらいに美容院で髪をカットしました。
この美容院は平日12~14時まで、タイムサービスカット690円というのをやってましたが、
コロナの影響で当分はそのサービスを休止するとのことで、平常料金980円でした。
(それでも安いですね、下流人には大変助かっています)

1152

年金月額約107000円ですけど、
月10万円のつもりで生活してます。
月7000円余れば・・年間84000円の貯金ができます。

定年退職前は「ギリギリでも年金範囲内での生活ができたら良い、
預金取り崩す生活は嫌だ」と思っていました。

実際に年金生活をしてみたら、わずかでも貯金ができることが何よりもうれしいです。


ランキングに参加しています
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング






引きこもりなので、新鮮な話題もなく昔のことばっかり 書いてる私です。
昨日食べた 晩御飯のおかずは忘れても・・・
昔のことはよ~~く覚えてるんですよね。
(これ 認知症の特徴です(^_-)-☆
03_31f

遠の昔に亡くなった明治生まれのおばば(祖母)は、

私が若いころ、普段おしゃれをしていると、
「じょうじょうよすの おおはでなすじゃ!!」とよく言いました。
「常常良しの大派手無し」といっているんです。

「日常に きれいな服ばっかりを着ていると、
大事な日には、よそ行きの服がないぞ」ということです。
若いんだからおしゃれをして何が悪いの?と思っていましたが、

これはすべてのことに通じているんだと、東京に出て結婚して思いました。
私の実家のある富山県は、普段は地味に地味に暮らしてお金をためて、
いざというときは どんと出すという風潮でした。
東京に出て、もうじき50年経ちますので、
現代は、それぞれの家庭事情で、その風潮はなくなっていると思っています。

結婚相手により、経済的な生活が変化するものだと思ってますけど、
元・夫の両親と同居したとき、料理が上手だったお母さんが
「毎日おいしいものを食べて暮らせたら幸せ。お肉もハムも安いものは気持ちが悪い。
高いものを買っている。この前、家を建てた人のお宅を見に行ってきたけど、
食べていたものは、キャベツの油いため、あんなつまらない生活は嫌だ。
家を建ててローンに苦しむより、おいしいものを食べたいわね、
あの世に、お金を持っていけないんだから、生きてるうちに楽しく暮らしたいわ」と私に話した。
(私は 普段は地味に暮らして、家を建てることは立派なことだと思っていたけれど)
お母さんの話に逆らってもしょうがないので「はぁ、そうですね」と言いました。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



その時私は若く、そこまで考えなかったけど後で思うと、
都営住宅で家賃が安いから、
両親は美味しいものを食べること第一の生活ができていることに気が付きました。
亭主関白な元・夫のお父さんは、手渡し給料から、自分の小遣いを前引いて渡していたそうで、
お母さんは 「給料の額を知らない、
でも、お父さんは小遣いが足りないということはなく、
自分に渡したお金を持っていくことはないし、
休日の外食代は、お父さんが自分の小遣いから出してくれる」と。

お母さんは「決まったお金でやりくりできるので、まぁやりやすいけど」と言って、
貯金もしていたと思いますが、
お父さんが退職してからの生活は、それまで「常常良しの生活」
をしてきた人の、老後は楽ではなかったと思います。

自分の根底には「常常良しの大派手無し」生活は、したくないというのがあります。
童話で「アリとキリギリス」の話ですね。
(有りとギリギリっす)では、
あり(有り)の生活をしたいです。

いざ、お金を使う必要があるときはサッと出せるよう、
普段はストレスを感じない程度で地道な生活を心がけています。



ランキングに参加しています
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村              人気ブログランキング
















総務省統計局の家計調査(平成28年度)によると、

独身世帯の、老後の生活費の平均額は16万円

以下内訳

項目平均的な生活費
食料40,050円
住居(持ち家と賃貸の平均なのでこの額となったらしい)20,148円
光熱・水道11,088円
家具・家事用品5,316円
被服及び履物5,293円
保健医療6,632円
交通・通信18,712円
教育10円
教養娯楽19,395円
その他の消費支出32,109円
老後の生活費合計

158,753円

独身老後の生活費は約16万円と出ています。

 

私の 生活費との違いは食費と住居かな?

食費は4万円は使ったことがなく、多い時で25000円以内だった。

なので、多目に見積もって、3万円とする。

住居費は公営団地なので、実際は13000円だけど、

多めで15000円とする。

 

私の生活費を、総務省の計算に当てはめると合計14万円です。

 

現状の生活は、年金月10万円(年間120万円以内)で可能である。

もし、月14万円かかったとして、月4万円の赤字が出る。

その4万円赤字を、預金取り崩すとして、12か月の年間で48万円。


私は今70歳です。余命は20年?


女性の平均寿命は87歳?らしいが、

自分の寿命を90歳とする(憎まれ者世にはばかるといわれているので、多めにした)

年間48万円×20年=960万円の預金が必要である。

これが私に必要な老後資金か!!!と・・・・

 

先月末に、ネット銀行3社、実店舗銀行4社にもばらけた銀行預金を

5社ぐらいにまとめたいと、合計預金額を計算してみた。


〇実店舗銀行:近所にあり、通帳があり便利でわかりやすいけれど、低金利。


〇ネット銀行:金利の高い会社があるので魅力的。

だけど、ネット銀行は、自分がボケたり、突然死んだら、通帳がなければ家族にわからない。

ネット銀行は「本人ボケや死亡の浮遊預金」がたくさんあるんじゃないかな?
浮遊預金って言葉聞いたことないな(私の造語です)

(ネット銀行は、もしかしてその浮遊預金が狙いか?)

 

預金額合計結果は、自分に必要な老後資金はしっかり確保できていました。


しかし、受給年金月10万円以内生活をする、
今のささやかな暮らしが自分の性に合っていて好きです。

 


 通帳とネット銀行整理をしなければ、まだボケられない、

死ぬわけにもいかんぞ、私。


家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


          お金とクレジットカードのイラスト


お金にまつわるブログ、またTV情報番組などで

一般人が家計のことを話してるのを見て感じることがある。

 

1か月の収支は収入額-支出額=黒字か赤字かってことよね。

黒字の月と赤字の月がある人はわかるわ。

黒字の月にためておいたお金を、赤字の月に補填すればよい話。

毎月普段どおりの生活をして出た黒字残金を、

普段通りの生活してたけど、ちょっと赤字というなら、

黒字の残金で補填できるものね。

 

ところが・・「毎月赤字」と嘆いてる人はどうなるの?

黒字の月が全然なければ、預金を取り崩して生活費赤字に補填するしかないよね?

生活費の赤字補填する貯金があるってことは、金銭的余裕があるってことじゃない?

(中には、カードキャッシングで借入して、赤字補填してる人もいるのかな、

それはアリ地獄だからやめたほうが良いね、もっと節約するか、
またはもっとお金を稼ぐしかないわね)

 

TVで、家賃の安い公営住宅に住み独居で(この人私と同じ境遇だわ)

月10万円の年金受取では足りない、預金もないと、

言ってるのを観たことがあるけど、

冷蔵庫には10個入り卵パックが、4個ぐらい入っていて、

同じ品物を、何個もストックし月5万円食費がかかるとか・・・

少し理解に苦しんだわ。

食費月5万円も?!?!使ってるなんて、余裕ある人と言えるわね!!


私は、月の食費2万円前後ぐらいですよ、

月10万円生活だったら、普段通りの生活なら2万円のお小遣いを使えるよ。




家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ            
家計簿みせて♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ           





昨年(2019年)1年間の収支集計をしてみました。

2か月に一度、通帳に年金が振り込まれるわけだけど、
介護保険料は、こちらからは有無を言わせず強制的に天引きされます。
私の希望としては、自己払いしたいんです。
なぜなら・・貯まったTポイントを充当して払いたいから。
私の住む区では健康保険もTポイント払いができる,ただし一回の支払いが
5000円を超えると手数料がかかる、その時はやめときます。
年金のもらい始めは、健康保険料も年金から天引きされてました、
それには有無を言わせてもらいました。
年金事務所に 健康保険の自己払いを申し出ました。
貯まったTポイントの、期間限定ポイントを失効する前や、ショッピングで使う予定がない時は、
健康保険料に充当して払ってます。

2019年の介護保険料天引き後の

  年金手取り額は1279530円
1年間の総支出額1088661円
ーーーーーーーーーーーーーー
             190869円(黒字)

年金手取り額を1年間365日で割ると、私は1日当たり約3505円の年金っていうことです。
実際の年間支出額を365日で割ると、わが生活費1日約2982円です。

約3505円-2982円=523円が残ります。

残った約523円×365日=約190895円
収支の残金額19万円を見ると、毎日500円貯金を欠かさずしたという結果が出てます。

年金手取り額は1279530円ですが、月10万円以内生活(1年間120万円目標)なので、
端数79530円は、あてにしないことにしています。
月の家計予算は8万円としているので、
のこり2万円を、娯楽費などに充てたり、臨時出費に備えて貯めていこうと思ってます。


1日当たり生活費約3000円の中から、食費600円引くと、2400円がかかっているわけですね。
2400円は、なんだか、思ったよりかかってるのねと思っています。

昨年あった副収入は不規則不定期であてにならないものなので、
生活費には使いません。


家計簿見せて♪ランキングに参加してみました。クリックで応援していただけたら 筆者が喜び
励みになります
家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村



                        



私は昭和40年、15歳から正社員で働き厚生年金を納めました。
年金ネットで調べると昭和40年3月当時は月の給料(標準報酬月額)14000円だったのです。
でも、年2回ボーナスはあったよ。
s40 (2)_LI



65歳はケアマネジャー職をしていて、月の給料は30万円
(ボーナスらしき❓ものは年2回各2万円づつ雀の涙)でしたから、50年で給料が約20倍ですね。
私は65歳4か月まで働きました。

65歳になったとき年金事務所から年金受給手続きの書類が来てましたが,
勤務中は年金事務所に行けなかったので、
95 (2)

年金ネットの年金額試算で調べると、月10万円に届かない額が出ていました。
せめて10万円は欲しかったので1年間の繰り下げをする届け出をするため、
退職後に年金事務所に行きました。
係の人が「65歳までの年金がありますよ」という。
「それを繰り下げするために今日来たんです」というと、
「65歳からの年金を繰り下げるのはわかりました。
65歳までに出る、まだ受け取っていない分があるんです」と。
「ええっ~そんなのがあるんですかっ!!」
係から聞いた話では、私が平成22年(60歳)~26年(64歳)にもらえる年金を
まだ受け取っていない。(受け取り時効5年間で順次消滅するらしいので、
22年の分は間もなく時効消滅するところだったのです。
棚からぼたもち、滑り込みセーフ!!!で、もらった金額は・・

22年過年分(というらしい)28875円
23年過年分 111866円
24年過年分 268746円
25年過年分 247956円
26年過年分 144132円
ーーーーーーーーーーーーー     
過年分合計 801575円を一括でいただきました。思ってもいない収入でうれしかった!!

そして65歳からの年金を66歳6か月まで、受け取らずに繰り下げました。
66歳7か月から半年間は国民年金部分だけ月約5万円をもらい6か月で合計301869円受給。

67歳で本格的にもらい始めて令和1年12月で3年経過しました。
各年の総額
平成29年1286732円
平成30年1337512円
令和1年 1338245円
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計   3962489円

46 (3)


15歳から65歳までの50年間で、    
納めた年金保険料総額は 4880592円
(内訳は、厚生年金23年+国民年金17年=40年  免除または未納10年)

           
昨年12月までに受給した年金額は過年分も含め合計5065933円なので、
(内訳:過年分合計 801575円+
国民年金部分のみ受給301869円+
国民・厚生年金3962489円=5065933円)

受給金額が納めた金額をすでに185341円上回っています。
受給開始3年6か月ほどで、元が取れた計算かな?
(こんなに早く元が取れるとは驚きです)


 ちょっと待ったぁ!!・・・正しくは・・・
公的年金は自分が払い込んだお金をもらうのではなく、現役で働く人の納付した保険料が、
私たち高齢者を助けています。
その現役の方たちは、将来年金受給開始が70歳になりそう?金額も下げられて・・と聞くと、
申し訳ない気持がしてきます。

現在、月10万円の年金範囲内で暮らせる自分は、現役世代に大いに感謝です。


  ランキング参加しました。
クリックで応援していただけたら 励みになります。
家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪

                        


国民年金は20歳から通常は60歳まで納付します。

私は20歳から60歳の期間に、厚生年金または国民年金を納めてきましたが、

年金未納時期が約10年ほどありました。

27歳で結婚し46歳で別れるまでの約19年間のうち10年間が未納でした。

 

ただ、中卒で紡績工場に就職したので、15歳から20歳までは厚生年金(給料天引き)を納付していたのが、現在の受給年金額の助けになりました。

25歳で高卒資格の必要性を痛感させられて、25歳から働きながら夜間高校に4年間通学し(私は、進級できる出席日数ぎりぎりのテキトー通学だったけど、

入学から卒業までの4年間、生徒は3人に一人以上は脱落し退学する)

29歳で卒業しました。

 

46歳で夫と別れてから、気持ちが落ち着いたころに、今後の生活を考えたとき未納にしていた年金を後悔し始めました。

年金事務所に相談に行くと「65歳まで国民年金を払いなさい」と言われました。

それから高校生2人の子持ち、独身生活。

夫と別れてからは国民年金または厚生年金をきっちり納付しました。

 

60歳過ぎから、家計簿をつけて自分の生活に必要な1か月の金額の把握をし、

「年金機構の年金ネット」に登録し年金額試算しながら、いつまで働きどの時期から年金を受給するかを考えながら654か月で仕事を引退しました。

(夫と別れた46歳の時は、いやでも60歳までは働く、それから年金もらうと考えていましたが、【60歳退職すぐ年金受給では生活できない年金額】を年金試算で突き付けられて、どうにか65歳まで働いてきた、勤務している会社は定年は設けていないので好きなだけ?厚生年金加入付きで働ける。

だから理想は年金を考えると、66歳12か月までは働いたほうが良いと思っていても、

精神的に限界だった)

 

私が住む公営団地家賃は年間所得で算出されます。

働いているときは年間所得が多いので家賃も高めですが、年金生活になり家賃が低くなったときの、家賃含む総支出は月額10万円必要と考えました。

年金ネット試算では、私の場合は65歳から年金受給すると95000円ほどで、

10万円を欠ける金額と出てました。

月額10万円に届くためには年金の繰り下げをすることで年金額が増えます。

そのため10万円になるまで年金受給の繰り下げをする決心をしました。

(もう働くのが嫌なら、年金受給繰り下げ、その間は預金取り崩し生活はやむなしでした)

 

繰り下げたことで年金が月10万円もらえる時期になったとき

介護保険天引きされたら10万円欠けるなぁ。手取り10万円が欲しいんじゃぁ~私は!!と、思いました→手取り10万円になったとき→女性は平均どのぐらいねんきんもらってるんだろうか?→ネットで調べると女性の厚生年金平均額10万3千円(だったかな?)→

せめて人並み・世間並が欲しいのでちょっと上の11万円までさらに繰り下げ→

→やっと11万円になった受給手続きしょうとなりました。

ホントは11万円から年金天引きされると手取り10万5千円ほどにしかならず

手取り11万円の希望はかなわないけど、これ以上預金取り崩し私生活もつらいので、

この金額で妥協するしかなかったというのが実態です。

 

年金繰下げで2071年1月より本格的に年金受給開始しましたが、

中学卒業工場勤務(厚生年金)から65歳までに納付した保険料納付総額と、

私がこれまで受給した年金総額から・・・


いったい何年間かかると受給年金が納付総額を上回るのかを、

集計して、そのうち書こうと思っています。

 
 

  家計簿みせて♪ランキング参加してみました
  クリックで応援していただけたら 筆者が喜び励みになります
家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪
                     
   

 



                 
           

↑このページのトップヘ