下流のお一人様家計簿blog☆彡

座右の銘#お金は取るより使いよう(ご立派な 負け惜しみ・・) 毎月の家計簿公開と その他雑多なブログです

【自己紹介】
下流界おひとりさまアラセブンと申します。

日記内での言葉遣いは、方言で書く日記、「です。ます。調」でない日記
が出てきますご無礼をお許しくださいませ。
2020年2月ブログ開始



  🌺::::::::::::::::::🌺::::::::::::::::::🌺::::::::::::::::::🌺:::::::::::::::::🌺

カテゴリ: 家計簿


 受給年金の範囲内で生活可能な金額まで年金を増額するため、
受給を2年間繰り下げして、2017年から本格年金生活を開始しました。
 
年金生活2017年~2020年の4年間の月平均支出を計算しました。
                                                                                     

年収(円)

年収に含む

医療費(円

月平均支出

2017年

1115204

41030

92933円

2018年

1081713

11084

90142円

2019年

1088661

35610

90721円

2020年

 873371

30110

72780円


















*スマホでは、表の右側部分はみ出すようですが、
調整の仕方がわかりません、ごめんなさい(´?д?;`)

人間の生活に必要不可欠な住宅。
私は公営住宅に住んでいるので、低家賃で・・

〇 家賃は4年間、月額約13000円程でした(自治会費含む)

〇 食費・光熱費は必要不可欠だけど、かかる費用は個人差があります。

〇 避けて通れないのは、医療費です。
  私の医療費は、2017年~2019年は、ほぼ歯科治療費です。
  
  2020年から骨粗鬆症治療で、月一回診察・投薬受けてますが、
  治験治療なので、自己負担は1回250円で済みます。
                           
  現団地に引っ越してから、区の歯科検診で診てもらった歯科医院で、
  虫歯治療してもらい、定期的に歯のクリーニングもしてます。
  もう一つ、区検診で眼圧高めの診断が出て、
  定期的に眼圧測定もしています。
  眼圧20以上が続くと目薬を出しますと言われていますが、
  17~19を上下しています。
  
  高齢になるほど歯の大切さを実感しているので、
  医療費は住居費と同様必要不可欠です。
  医療費には含めていないけど、気休め?サプリも、
  最近購入してます(>_<)

  昨年の生活費は月平均約73000円でした。
  月10万年金額なので黒字余剰金を貯めて、
  どうしても必要で、ほしい物があれば、
  無理に我慢することなく購入していますが・・



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="5539850107"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


  
  時流に乗って、やみくもに物を断捨離することなく、
  家の中で、そこに必要なくなれば・・
  家の中の別の場所で別の形で再利用できるかもと考えます。

 「断捨離や金運財布で金運が良くなり福を呼び込もう」は、
 テレビ・講演などで活躍する断捨離アドバイサーと
 金運財布販売者、あなたたちだけなんじやないの~?と、
 いくつになっても、素直にはなれない私です。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援いただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング


 
        

 

年金収入

臨時収入

年間支出

 

差し引き残金
       

2017

1260342

162062

1115204

 

307200

2018

1286162

194425

1081713

 

398874

2019

1279530

88511

1088661

 

279380

2020年

1341519

308989

873371

777136

年金生活

4年間の

合計

5167553

753986

4158949

1762590

 

         


 

2020年は 臨時収入が約30万円ありました、

(これには臨時給付金10万円を含んでいます)

 

2017年に年金生活開始してから4年間中で、

昨年が最高収入で、支出が最低金額だったので、

2020年は年間約77万円貯金ができました。


月10万円の年金生活の4年間で合計176万円の貯金ができました。


46歳で夫から逃げたとき貯え無しでした。

貯金し始めたのは50歳から・・の記事

50歳で0からのスタートで、貯金を始めて定年退職までの貯金は、

娘の高校奨学金返済・二人の娘の結婚・出産・家購入のお祝い金などで相当額使ったし、

今ほど貯金に興味がなくて定年時までの貯金額は非公開にしてます。

 

現在の年金生活での家計管理・貯蓄のほうが興味があり、

老後の現在切り詰めて生活していないけれど、いくら貯金ができたのかを、

この「年金家計簿blog」で、年金受給開始後の貯蓄額を公開しています。

 

年金受給開始後4年間は平均「2849円1日」で生活してます。

 

私の生活費は、月換算にすると9万円以内で、地味な生活と思うけど、

1日にすると2849円もかかってると思うと・・・(>_<)複雑な気持ちになります。
そして、日本の下流独居生活でも4年間で415万円もかかっていると思うと、
ぞっとします。

 

食べることにはそれほど興味がなく、

コロナ禍の今、食品の買い物回数を減らすためにまとめ買いをして、

自宅に帰って、食料品の数の多さを見ると・・・我ながらあきれます。


嗜好品・間食はほとんどしないので、一般的には少ないほうだと思いますが、

やけ食いや食べることだけが楽しみと思ったことはなく、

私の性格はストレス抱えると、食欲がなくなるほうなので・・

「おいしいご飯を望むより ご飯をおいしく食べられる自分でありたい」と常々思っています。

 

働かず気ままな独り暮らしの今ば、ストレスの種はありません。

あとは・・体力と健康維持に努めるだけ・・・頑張れ自分!!

 
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ランキングに参加しています
押してくれたら筆者が喜び
(団地の)庭かけ回ります

  
ポチッとよろしく(^_-)-☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


   



  






2020年12月分家計簿

 

家賃(自治会費込み)7055円

電気 2416円

ガス 2437円

水道 0円(2カ月に一度のため)

ネットとスマホ代 7000円

医療保険(アリコ)4794円

国民健康保険料 1700円

 

家具生活用品 5026円

食費 21496円

衣服 3127円

医療費 250円

サプリメント 7540円

消耗品 1204円

美容院(カット代)690円

趣味・娯楽 (雑誌・宝くじ)3380円

交際費(プレゼント・お歳暮)11557円

その他(楽天銀行貯金手数料)275円

12月出費合計 79947円

年金10万円-出費79947円=20053円の黒字でした。


家賃:7055円

家賃が、昨年11月から5500円下がって6055円になり

自治会費込みで7055円になりました。

 

食費:21496円

昨年は食費の2万円超えは1月と12月の2回です。

たまたま食料品の頂き物があった月は2万円以内で食費がすんだだけのことなので、

今後の食生活では毎月2万円~2万3千円は必要になると思います。

私は、アルコールを飲まないのですが、年金生活でアルコールを飲んでいたら、

嗜好品含めると食費は3万円程かかるでしょうね。

 

清涼飲料もめったに飲まず、お菓子などの間食もほとんどしません。

1日1杯か2杯のインスタントコーヒー砂糖・ミルク入りを飲んでます。

インスタントコーヒーおいしいと思わないけど、癖のようなもので辞められない。

カフェイン中毒かな?

 

水は水道水を、浄水器も通さずそのまま(体に悪いのかな?)飲んでますが、

今のところは健康です。

 

毎年正月恒例の我が団地で次女家族との会食を、

今回はやめたので、正月用の買い物をしなかったため、

年末にしては食費の出費は少なめでした。

 

ネットとスマホ代:7000円、

2年前に購入したスマホ機種代金の分割払いが終わり、

12月からの支払いが1500円程下がり、ジャスト7000円になりました。

 

趣味・娯楽:3380円

ネイサンチェンの特集が載っていたのでフィギュアスケートの雑誌1980円を購入しました。
511lc1hiGvL._SX351_BO1,204,203,200_


1400円はスクラッチ宝くじ代です。

2000円分購入したら600円当たっていたので、差額の1400円出費です。

 

サプリメント:7540円

DHCの定期便を、送料無料にするため多目に購入しました。

物忘れ予防サプリと髪が元気になるサプリです。

安心と気休めです。

 

交際費:11557円

孫のクリスマスプレゼントや親せき・知人のお歳暮代で今月はかかっています。

 

その他楽天銀行貯金手数料:275円

ラクマの売上金を楽店銀行に振り込み申請しました。

(その他の銀行指定にすると手数料がかかるため)

楽天銀行に以前預けた金額との合計95000円の中途半端が気になって、

10万円にするため 5000円札を、
手数料かからないように、わざわざ平日・時間内に郵便局
ATMから預けました。

 

預け終わって、明細書を見たら 275円貯金手数料が取られてた!!
3019


「そういえば‥確か・・楽天は入金額3万円以上?で入金手数料無料だった!」と、

後から思い出しました。

入金で手数料取られるって、ちょっと納得できないと思いましたが、

後の祭りってもんです。

 


12月の臨時収入は、

ネット広告費:10596円

治験協力費:10000円

アンケートポイントを現金化:6364円

合計 26960円でした。

 

生活費黒字分20053円+年金端数7000円+臨時収入26960円=

12月合計貯金額:54013円でした。

今年の貯金額は2017年からの年金生活開始から、最高額です。

 

治験協力金の1回通院毎に1万円が大きかったです。

今年の夏で治験が終了します。

 

なので来年は臨時収入がぐっと減るでしょう。

でも、月10万円の年金範囲内で生活をしていれば、

年金端数7000円×12カ月=84000円

年間10万円くらいは貯金できるかなと思っています。

(内心・・30万円貯金目標です)

 
。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援をいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング




今年2020年2月に立ち上げた当ブログ「下流のおひとり様家計簿blog」
文章力もなく拙い日記を懲りずに読んでいただきありがとうございます φ(.. )
感謝申し上げます。
来年もよろしくお付き合いいただけたら嬉しいです。
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

今日はお金の話です。

私が60歳頃のことです。
同じ会社で働いていたずいぶん年下の女性(夫婦で4人の子持ち)から、
「都営団地で独り暮らしなら、15万円あれば生活できるでしょ」と言われ、
「そんな金額じゃやれないわ」と、返答しました。
その時までは、金銭収支に無頓着、
キャッシュカード持たず、
ネットショッピングはしたことがなく、
通帳から1万円程づつお金をおろして、買い物は実店舗で現金払いをしていました。

家計簿をつけていなかったので、月の支出もわからなかったのです。
給料振り込みのゆうちょ通帳の残金がある程度貯まると、
定額貯金に預けるという形態の生活でした。
家計簿はつけていませんでしたが、
50歳頃から、貯金ができる生活になっていました。
貯金し始めたのは50歳頃から・・の記事



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



4人子持ちの女性の言葉がきっかけで、家計簿をつけるようになりました。
支出だけを把握するためにつけていました。
収入は給料以外にはないので、つけなくても簡単に計算ができるからです。

私が本気で金銭管理に興味を持ったのは、65歳定年退職で無収入になってからです。
年金繰下げをしたので年金受給までのその間を少しでも稼ごうと・・
副収入に興味を持ちました。
アンケートポイントを現金化、会場調査の謝礼などが主でしたが、
本格年金生活になり、会場調査はやる気がなくなりました。 


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



67歳から本格年金生活の開始で、
皆さんの金銭管理にも興味を持ちブログを拝見していると、
イデコ・NISA・株投資の文字が目に入ります。

高齢の自分にはidecoは該当しません。
積み立てニーサなら小額からできると思ったので、
娘に聞いてみました。

娘は「ideco・NISA・株」をやっていると言ってました。

私に「その年齢から投資はやめたほうがいいよ」と言いました。

投資株を安定させるには長期保有すること、といいますね。
10~20年間というと、私は80歳~90歳になります。
その年齢じゃ、ボケているかもだし・・
この世にいるかどうかもわからんし。

何もかもすべて手遅れ・・(>_<)
「低金利でも、手堅く大人しく銀行預金にしておいたほうが良い」と決心がつきました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ランキングに参加しています
「年取って手遅れ、かわいそう」と、同情するなら 押しとくれ(願)
ポチッとよろしく(^_-)-☆

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

押してくれたら筆者が喜び
(団地の)庭かけ回ります

   



  












 




以前ゆうちょの保険が満期に近付いたころ、
それ以降の医療保険がなくなるのが怖くて、
アリコの掛け捨て終身医療保険に入りました。
死亡保険はついていない、入院日額5000円60日までの保険。
特約を4個つけて月額4979円で、掛け金は一生上がらないものです。

当時は働いていたので月額が安いと思っていたけれど、
最近10万円の年金額を考えたら・・?・・?と思うようになりました。
年取るほど入院の可能性は高くなるわけだし、
いざ入院となったらありがたい保険ではある。

自分の1か月の医療費自己負担を試算できる。
(自身の上限額と高額療養費支給額がいくらになるか)
高額療養費シミュレーショ

もっと怖いのは・・入院期間中の食費だった。
一般的な食事代は1食460円×3食=1380円
月額41400円もかかること。
住民税非課税の人は1食210円で、
食事代は完全自己負担です。
食事代も考えたらきっぱり医療保険を辞める勇気もなく、
考えた結論、特約を外すことにしました。
継続する特約は六疾病一時金特約20万円と先進医療特約。

外す特約 
 
退院給付特約2万円→掛け金352円
手術給付特約10万円→掛け金895円
合計1247円月額掛け金が下がります。

年額約15000円だから、低年金の私は軽視できませんでした。


。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村




人気ブログランキング







あっという間に大金を失った友人の話
 私の知人👆の記事の彼女は現在68歳で、70歳まで働くと頑張っています。

都営住宅で独り暮らしをしています。
私と同じ立場です。
年金が月額5万円だそうで生活ができないと言い、
週3日介護のパートで働いています。
都営は給料と年金収入の合算で家賃が決まるので、現在は2万円程度は払っていると思います。

私が11月から家賃が月額6000円程になったので、
(70歳以上、家賃減免申請時点で3か月継続で医療を受けたのが家賃が大幅に下がった要因)
「あなたも、都営住んでるから70歳で仕事を辞めても家賃の心配だけはしなくてもいいよ」と、
Lineをしました。

その答えが「年金から光熱費払ったら食費が無くなるよ」と返信がありました。
彼女の話はいつも大げさな部分があるし、
私の生活費の計算話は理解してもらえないと思ったので、しませんでしたが、

同じ間取りの都営で、水道光熱費はそんなにかかるわけがありません。

自分は「ガス・電気・水道」は月1万円あれば生活できます。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



私が65歳になり2年間の年金繰下げすることに決めるとき、
収入のない2年間の必要生活費の計算を、
各項目多めにして計算しました。

家賃 13000円
水道光熱費 10000円
国民健康保険料 2000円
--------------------------------------
固定費 25000円

残りの25000円を食費、消耗品などに充てると、
最低生活費5万円と試算しました。

私の場合は、民間医療保険2つと
ネット・スマホ代で、
15000円程余計にかかるので、
結果的に65000円~70000円がかかります。

知人の彼女は、会社勤務の厚生年金期間も長くあったと思うけれど、
なぜ国民年金満額より少ないのかなと私は感じてますが、
深くは聞いてません。

言葉のあやかもしれませんが、
「年金5万円から光熱費払ったら食費が無くなるよ」と聞いて、
あまりの大雑把さにチョットびっくりしました。

こんな彼女ですから「宝くじ当たらないかな~
ピンコロで逝きたいわ、私、働けなくなったらセイホ(生活保護)だね」が口癖です。

ちなみに私はこんな考えです。
(貯金取り崩し生活は長生きするほど貯金が減っていくので、
長生きリスクと言われてるけれど・・・)

【定年退職時にいくらかでも老後資金を持って、
その後、受給年金だけで生活をすれば、
「老後資金を増やせなくても、減らさない生活」は、
(私は現在老後資金を減らさない月10万円生活ができています)
高齢になるほど老後資金に余裕がでる】



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



その他、生活が苦しいという人を数人知ってますが、
そのような方はどんぶり勘定の人が多い印象です。

私も家計簿をつける60歳ちょっと前まではどんぶり勘定でした。
家計簿をつけ始めてからは支出は把握していましたけど、
収入はつけていなかったです。
支出だけを把握しておけば、老後の年金生活に必要な金額がだいたいわかるからです。

家計簿に収入もつけ始めたのは、65歳で退職して働かなくなってからです。

高齢になってもどんぶり勘定の人は、
「年金じゃ足りない」と言います。
「何に使ってるの?」と聞いても、
「わからない、気が付いたら財布にお金が残っていなかった」
という返事が返ってきます。

若い時、大雑把で「何に使ったっけ?」というんだから・・・
物忘れの多い高齢になってお金の使いみちを覚えていないのは当然といえます。
(自分もそうなので、使いみちを忘れないように家計簿をつけています)

そして、そんな方の共通点として「宝くじあたらないかなぁ・・・」と言います。

「この前、宝くじの当選番号が似ていたので・・
近づいてきてるのよ!」という人もいました。

当選番号はその都度変わるんだから。。。
近づくって・・・?(どういうこと)と、
思います。

「自分はくじ運が無い当たるはずがない」と思っていて、
宝くじを買わない私は絶対当たらないです。

でも、今年は9月から11月までにスクラッチを自分比では、たくさん購入しました。
計5千円購入し末等当たり1100円で外れは3900円でした。

スクラッチに関しては、当選金額が低い分当たりやすいかな?と思う浅はかな自分がいます。
私も人のことは言えないってことですね(>_<)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング








 







髪が少し伸びたのでカットに行きたいと思った昨日のことでした。

2か月1回ほど通っていたリーズナブル美容院、
コロナのため「平日カットタイムサービス12時から14時まで690円」は、
集中・密を避けるためか数か月間休止していて、通常値段980円だけど、
今日は年金支給日、こんな日は混んでるだろうなって思いながら・・

混まない時間を考えたら昼食時間かなと思い12時過ぎに入店、
もし混んでたら、
タイムサービスもやってないし、
別の日に出直そうカットせずにそのまま帰ってこようと思って、
カット店をのぞいたら、空いてました。

店員さんに聞いたら平日タイムサービス690円は、
11月2日に復活したと言ってました。
ラッキーです。

1152

この美容院は 1000円カットより安い。
年金者には家計にやさしい金額です。

50歳代男性初見の店員に案内され、カット席に座りました。
昔は、カットの仕方にこだわって気に入った美容師さんがいる美容院に行っていたけれど、
現在は、ただまっすぐカットするだけなので、
どこでも誰でもよいのです、ただ安ければ・・

ケープをかけて「どれぐらい切りますか?」
「5センチほど切ってください」カットが始まり・・
あっという間に終わりました(^_-)-☆
私史上、最速のカット時間でした。
3分間以内でした。
席に座った時間含め、5分以内で終わりました。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



普通の美容院はカットだけでも時間が長くて嫌だ、
この美容院は、早いので好きだったけど、
これは最速過ぎる!!

他の女性店員は、丁寧で時間も長めです。


でも、高齢男性店員だし、タイムサービス価格690円だしまあ良いか!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています

 
ポチッとよろしく(^_-)- ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

押してくれたら筆者が喜び
(団地の)庭かけ回ります

   


人気ブログランキング




11月分家計簿で、
年金収入10万円-支出82151円=17849円の黒字と書きました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



17849円の黒字に加えて11月の臨時収入は、
治験協力費:2回分(骨粗しょう症)20000円
(11月の治験は休みだったたけれど、
10月は治験が2回あったため、月遅れで2回分の入金あり)

ラクマ:純利益 168円
(ラクマに払う手数料と出品者負担の郵便料金、商品原価を引いた金額)

キャッシュカードポイント:1500円
(ジャックスカードはポイント率が良い。
1500ポイントで、引き落とし金額から1500円円引いてくれる)
-------------------------------------
①臨時収入合計:21668円
②年金端数:7000円
③11月の黒字分:17849円

11月分貯金額合計は・・・
①+②+③=46517円を貯金することができました。

今年は、治験参加で協力費が支給されたので貯金がたくさんできた1年でした。

12月に入り今日まで臨時収入0円です。
12月8日(火)に治験通院しましたが、協力費の振り込みは来年かも?
12月はお歳暮・孫へのクリスマスプレゼントなど交際費がかかりますが、
月10万円以内支出ならばよしとします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング



世間を大いに騒がせた老後資金
2000万円無いと老後破産!?と煽られ誰もが不安に陥れられた
老後2000万円問題とは・・・
改めて、計算の根拠を見てみました。

金融庁が発表した報告書は、次の条件で、試算しています。
1. 高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)が95歳まで生きることを想定
2. 毎月の収入は約21万円、支出は約26万円で、毎月約5万円の赤字
3. 「約5万 X 12ヶ月 X 30年 = 約2000万円」


ということらしいです。
夫婦の年齢差5歳で、
そもそも95歳まで生きる人は少ないし 

私は、一人暮らし。

単身の自分には当てはまらない計算でした


高齢単身の場合は、老後資金額が異なるようです。
高齢単身1カ月の消費支出の平均は13万9739円だそうです。

高齢単身支出内訳は以下の通り。

項目月の金額
食料3万5883円
住居1万2916円
光熱・水道1万3055円
家具・家事用品5681円
被服及び履物3659円
保健医療8445円
交通・通信1万3117円
教育47円
教養娯楽1万6547円
その他の支出3万389円
上記に加えて、税金や社会保険料などの非消費者支出1万2061円がかかるので、

高齢単身者は月に平均15万1800円が必要。
出典:総務省統計局ホームページ 家計調査報告(家計収支編)
2019年「
高齢単身無職世帯の家計収支

上記の例は
単身高齢女性の厚生年金平均額年間130万5072円で、
月額にすると108756円です。
年金月108756円ー月支出151800円=-43044円不足
月43044円X25年間=12913200円
単身者65歳~90歳まで12913200円の老後資金が必要の計算になります。
この計算は住居費が安いですが、
「ローン完済済みの持ち戸建てか分譲マンション」
「田舎の賃貸か都営市営団地」じゃないとこの金額はないですね。
*老後生活費は住居費次第ということのような気がします。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



私は月額111793円の年金なのでほぼ平均額です。
実は、65歳から年金受給すると95000円程だったので、
せめて平均額にしたくて、2年間ほど受給繰り下げをしたので、
ようやくこの金額になりました。
その時の記事は↓
老後のためにしたこと年金繰下げの記事

年金繰下げで考えたことの記事

年金繰り下げ受給までの貯金取り崩し額の実態の記事

現在年金受給額↓
1年間の年金額決定の記事
(介護保険天引きで107000円)
上記の計算をすると、年金月111793円-月支出151800円=ー40007円
月40000円不足です。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



私の老後65歳から25年間、
もし90歳まで生きるとしたら、単身老後資金1200万円が必要の計算でした。
私、今は71歳になったばかりなので90歳までは残り19年間です。
4万円×19年間=912万円必要という計算です。

退職後の1年間は、勤務時の収入額で住民税・健康保険料などが算定されるので、
支出が多いですが、
65歳で1200万円老後資金を持って、
その後、受給年金だけで生活をすれば、
「老後資金を増やせなくても、減らさない生活」は、
(私は現在老後資金を減らさない月10万円生活ができています)
高齢になるほど老後資金に余裕がでてきます。
(貯金取り崩し生活は長生きするほど貯金が減っていくので、
長生きリスクと言われてる・・)

しかし、老後早期の体が動くうちに旅行などで楽しみたいという考えもありますね。
老後は収入が限られるので、遊びも計画的にすることが大事だと思います。
(ネイサンチェンを、もう一度観たい!!のが目標!!!)
EnXNIV4XMAcWTcT
(昨年アイスショーで来日したときに、
好物のたこ焼きを買っていたネイサン)

この計算をしていたら90歳まで20年を切ったことが1番のショックでした。
自分の場合は働くのが嫌で早くなりたかった65歳、
退職後からが一番楽しく過ごせそうと思ったけど、
身体足腰元気でいられるのは、
いつまでだろう・・?って考えてしまいました。
以後の残り少ない人生、大事にしようと気付かされました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング




2020年11月分家計簿

 

家賃(自治会費込み)7055円

電気 2649円

ガス 2121円

水道 3841円

ネットとスマホ代 8529円

医療保険(アリコ)4794円

医療保険(がん保険6か月分)14820円

交通費(スイカチャージ)3000円

食費 12977円

衣服 6480円

サプリメント 1490円

消耗品 489円

娯楽 300円

寝具(マットレス) 13606円


11月出費合計 82151円

年金10万円-出費82151=17849円の黒字でした。

 

食費:今月も1万円分ほどの食料品の頂き物があり、

自分で購入した食費は12977円でした。

頂き物が無い場合の食費は、2万円超えだったと思います。


ネットとスマホ:スマホ代金の分割払い請求が11月で終わります。
12月からは、1500円程安い請求になる予定です。

 

寝具:マットレス購入しました。

旅先旅館で寝るようなふかふかの敷布団に寝たくて・・・

狭い団地ではスペース的も考えて、

セミシングルサイズの低反発のほうを選んだけど、ふかふかとまではならなかった。

 

現在の新団地に移転する前の古い団地は、部屋が3DK

(6畳・6畳・3畳・7.5畳の台所)あったため、

娘たちがいなくなり独居になってから、広々と暮らしてました。

冬はこたつ居間と寝室に分けることができてました。

 

その団地が老朽化建て替え移転で、

今度越してきた団地は便利にできてますが一人暮らし用なので1DK

新団地は1棟に1DK・2DK・3DKの3種類の間取りがありますが、

私の場合は、移転時点で独居だったため、1DKの間取りが与えられました。

ただ2DK・3DKに住む人達の間取りより、1DKは押し入れの奥行きと、

6畳の部屋の畳が大きめです。(1DKなので、少し配慮があります)

今住んでいる間取りです。

img_3491-4

 

私は、6畳1間に ベッドとこたつの生活をしています。

自分は田舎人間なので、起きてる時も常時寝具が見えるのはいやだと思っています。

 かといって、押し入れに布団を入れると、毎日の布団の上げ下ろしが面倒。

布団にスペース取られると、荷物が押し入れに入りきらないし・・

ぜいたくな悩みですね(>_<)

 

ちなみに今住んでいる団地は、

移転前の3DKとほぼ同じ平米(34平米?)なんですよ。

 

古団地は、5階建てエレベーター無しで、

6畳といっても畳が小さくほんとにコンパクトでこれぞ団地サイズでした。

玄関が台所7.5畳の角に半畳ほどのコンクリで、

玄関というよりも靴脱ぎ場って感じでした。

トイレもすごく狭かった。
各部屋・台所・トイレ・風呂場すべてに窓があって、
どこにいても昼間は明るくて開放的で好きな間取りでした。
冬は窓が冷えるので、冬は寒かったけれど・・・

 

新団地は、玄関ホール・バストイレ別・ベランダ広めなので、そのスペースの違いかな?

4階建てエレベーター付き、1階エレベーター付近まで外からスロープが設置されている。

室内もバリアフリーで、高齢・車いすになっても生活できるように作ってあります。

窓(掃きだし窓)があるのはベランダ側の6畳の部屋だけで、
台所は昼間も暗くて電気つけなければ、キッチン周りの家事ができません。
風呂場、トイレも昼間でも真っ暗です。
一番良いところは、気密性が良いので冬が温かいところかな?
エアコンつけてるお宅もあるけれど、
私は、ほぼこたつだけで過ごしているので、電気代が助かるし窓ガラスが結露しません。

 

11月から団地の家賃が5500円下がりました。

10月に1年1回の減額申請をしました。

〇年齢70歳以上になったこと、

〇申請月の直近3か月継続で医療を受けた領収書(コピー)の提出で、

最高限度の減額を適用さられたらしいです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


 

もし、戸建て持ち家を持ったら、固定資産税や古くなると修理代がかかります。

(戸建ては修理するもしないも自分次第なので、束縛を感じませんが)

マンションを買うと、毎月の修繕費の積み立てがあります。

(これは自分次第とはいかず、束縛されますね)

 

そう思うと、都営団地は家賃安くて他にかかる費用はないのでありがたいです。

年金少ない私にはこれ以上安い住処がどこにもないと思うと、

自分には移住の自由が無いなと思ってます(>_<)

 

私はさすらい人なの?

慣れてくると逃げ出したくなる。

一番好きな歌「遠くへ行きたいです」(^_-)-

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪


人気ブログランキング




↑このページのトップヘ