下流のお一人様家計簿blog☆彡

座右の銘#お金は取るより使いよう(ご立派な 負け惜しみ・・)

年金生活者

3分690円のヘアカット




髪が少し伸びたのでカットに行きたいと思った昨日のことでした。

2か月1回ほど通っていたリーズナブル美容院、
コロナのため「平日カットタイムサービス12時から14時まで690円」は、
集中・密を避けるためか数か月間休止していて、通常値段980円だけど、
今日は年金支給日、こんな日は混んでるだろうなって思いながら・・

混まない時間を考えたら昼食時間かなと思い12時過ぎに入店、
もし混んでたら、
タイムサービスもやってないし、
別の日に出直そうカットせずにそのまま帰ってこようと思って、
カット店をのぞいたら、空いてました。

店員さんに聞いたら平日タイムサービス690円は、
11月2日に復活したと言ってました。
ラッキーです。

1152

この美容院は 1000円カットより安い。
年金者には家計にやさしい金額です。

50歳代男性初見の店員に案内され、カット席に座りました。
昔は、カットの仕方にこだわって気に入った美容師さんがいる美容院に行っていたけれど、
現在は、ただまっすぐカットするだけなので、
どこでも誰でもよいのです、ただ安ければ・・

ケープをかけて「どれぐらい切りますか?」
「5センチほど切ってください」カットが始まり・・
あっという間に終わりました(^_-)-☆
私史上、最速のカット時間でした。
3分間以内でした。
席に座った時間含め、5分以内で終わりました。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



普通の美容院はカットだけでも時間が長くて嫌だ、
この美容院は、早いので好きだったけど、
これは最速過ぎる!!

他の女性店員は、丁寧で時間も長めです。


でも、高齢男性店員だし、タイムサービス価格690円だしまあ良いか!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています

 
ポチッとよろしく(^_-)- ↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

押してくれたら筆者が喜び
(団地の)庭かけ回ります

   


人気ブログランキング



2020年11月の月10万円生活の貯金額


11月分家計簿で、
年金収入10万円-支出82151円=17849円の黒字と書きました。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



17849円の黒字に加えて11月の臨時収入は、
治験協力費:2回分(骨粗しょう症)20000円
(11月の治験は休みだったたけれど、
10月は治験が2回あったため、月遅れで2回分の入金あり)

ラクマ:純利益 168円
(ラクマに払う手数料と出品者負担の郵便料金、商品原価を引いた金額)

キャッシュカードポイント:1500円
(ジャックスカードはポイント率が良い。
1500ポイントで、引き落とし金額から1500円円引いてくれる)
-------------------------------------
①臨時収入合計:21668円
②年金端数:7000円
③11月の黒字分:17849円

11月分貯金額合計は・・・
①+②+③=46517円を貯金することができました。

今年は、治験参加で協力費が支給されたので貯金がたくさんできた1年でした。

12月に入り今日まで臨時収入0円です。
12月8日(火)に治験通院しましたが、協力費の振り込みは来年かも?
12月はお歳暮・孫へのクリスマスプレゼントなど交際費がかかりますが、
月10万円以内支出ならばよしとします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

独身の老後資金2000万円じゃない!計算は別にあった!



世間を大いに騒がせた老後資金
2000万円無いと老後破産!?と煽られ誰もが不安に陥れられた
老後2000万円問題とは・・・
改めて、計算の根拠を見てみました。

金融庁が発表した報告書は、次の条件で、試算しています。
1. 高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上)が95歳まで生きることを想定
2. 毎月の収入は約21万円、支出は約26万円で、毎月約5万円の赤字
3. 「約5万 X 12ヶ月 X 30年 = 約2000万円」


ということらしいです。
夫婦の年齢差5歳で、
そもそも95歳まで生きる人は少ないし 

私は、一人暮らし。

単身の自分には当てはまらない計算でした


高齢単身の場合は、老後資金額が異なるようです。
高齢単身1カ月の消費支出の平均は13万9739円だそうです。

高齢単身支出内訳は以下の通り。

項目月の金額
食料3万5883円
住居1万2916円
光熱・水道1万3055円
家具・家事用品5681円
被服及び履物3659円
保健医療8445円
交通・通信1万3117円
教育47円
教養娯楽1万6547円
その他の支出3万389円
上記に加えて、税金や社会保険料などの非消費者支出1万2061円がかかるので、

高齢単身者は月に平均15万1800円が必要。
出典:総務省統計局ホームページ 家計調査報告(家計収支編)
2019年「
高齢単身無職世帯の家計収支

上記の例は
単身高齢女性の厚生年金平均額年間130万5072円で、
月額にすると108756円です。
年金月108756円ー月支出151800円=-43044円不足
月43044円X25年間=12913200円
単身者65歳~90歳まで12913200円の老後資金が必要の計算になります。
この計算は住居費が安いですが、
「ローン完済済みの持ち戸建てか分譲マンション」
「田舎の賃貸か都営市営団地」じゃないとこの金額はないですね。
*老後生活費は住居費次第ということのような気がします。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



私は月額111793円の年金なのでほぼ平均額です。
実は、65歳から年金受給すると95000円程だったので、
せめて平均額にしたくて、2年間ほど受給繰り下げをしたので、
ようやくこの金額になりました。
その時の記事は↓
老後のためにしたこと年金繰下げの記事

年金繰下げで考えたことの記事

年金繰り下げ受給までの貯金取り崩し額の実態の記事

現在年金受給額↓
1年間の年金額決定の記事
(介護保険天引きで107000円)
上記の計算をすると、年金月111793円-月支出151800円=ー40007円
月40000円不足です。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



私の老後65歳から25年間、
もし90歳まで生きるとしたら、単身老後資金1200万円が必要の計算でした。
私、今は71歳になったばかりなので90歳までは残り19年間です。
4万円×19年間=912万円必要という計算です。

退職後の1年間は、勤務時の収入額で住民税・健康保険料などが算定されるので、
支出が多いですが、
65歳で1200万円老後資金を持って、
その後、受給年金だけで生活をすれば、
「老後資金を増やせなくても、減らさない生活」は、
(私は現在老後資金を減らさない月10万円生活ができています)
高齢になるほど老後資金に余裕がでてきます。
(貯金取り崩し生活は長生きするほど貯金が減っていくので、
長生きリスクと言われてる・・)

しかし、老後早期の体が動くうちに旅行などで楽しみたいという考えもありますね。
老後は収入が限られるので、遊びも計画的にすることが大事だと思います。
(ネイサンチェンを、もう一度観たい!!のが目標!!!)
EnXNIV4XMAcWTcT
(昨年アイスショーで来日したときに、
好物のたこ焼きを買っていたネイサン)

この計算をしていたら90歳まで20年を切ったことが1番のショックでした。
自分の場合は働くのが嫌で早くなりたかった65歳、
退職後からが一番楽しく過ごせそうと思ったけど、
身体足腰元気でいられるのは、
いつまでだろう・・?って考えてしまいました。
以後の残り少ない人生、大事にしようと気付かされました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

下流で独りの11月分家計簿




2020年11月分家計簿

 

家賃(自治会費込み)7055円

電気 2649円

ガス 2121円

水道 3841円

ネットとスマホ代 8529円

医療保険(アリコ)4794円

医療保険(がん保険6か月分)14820円

交通費(スイカチャージ)3000円

食費 12977円

衣服 6480円

サプリメント 1490円

消耗品 489円

娯楽 300円

寝具(マットレス) 13606円


11月出費合計 82151円

年金10万円-出費82151=17849円の黒字でした。

 

食費:今月も1万円分ほどの食料品の頂き物があり、

自分で購入した食費は12977円でした。

頂き物が無い場合の食費は、2万円超えだったと思います。


ネットとスマホ:スマホ代金の分割払い請求が11月で終わります。
12月からは、1500円程安い請求になる予定です。

 

寝具:マットレス購入しました。

旅先旅館で寝るようなふかふかの敷布団に寝たくて・・・

狭い団地ではスペース的も考えて、

セミシングルサイズの低反発のほうを選んだけど、ふかふかとまではならなかった。

 

現在の新団地に移転する前の古い団地は、部屋が3DK

(6畳・6畳・3畳・7.5畳の台所)あったため、

娘たちがいなくなり独居になってから、広々と暮らしてました。

冬はこたつ居間と寝室に分けることができてました。

 

その団地が老朽化建て替え移転で、

今度越してきた団地は便利にできてますが一人暮らし用なので1DK

新団地は1棟に1DK・2DK・3DKの3種類の間取りがありますが、

私の場合は、移転時点で独居だったため、1DKの間取りが与えられました。

ただ2DK・3DKに住む人達の間取りより、1DKは押し入れの奥行きと、

6畳の部屋の畳が大きめです。(1DKなので、少し配慮があります)

今住んでいる間取りです。

img_3491-4

 

私は、6畳1間に ベッドとこたつの生活をしています。

自分は田舎人間なので、起きてる時も常時寝具が見えるのはいやだと思っています。

 かといって、押し入れに布団を入れると、毎日の布団の上げ下ろしが面倒。

布団にスペース取られると、荷物が押し入れに入りきらないし・・

ぜいたくな悩みですね(>_<)

 

ちなみに今住んでいる団地は、

移転前の3DKとほぼ同じ平米(34平米?)なんですよ。

 

古団地は、5階建てエレベーター無しで、

6畳といっても畳が小さくほんとにコンパクトでこれぞ団地サイズでした。

玄関が台所7.5畳の角に半畳ほどのコンクリで、

玄関というよりも靴脱ぎ場って感じでした。

トイレもすごく狭かった。
各部屋・台所・トイレ・風呂場すべてに窓があって、
どこにいても昼間は明るくて開放的で好きな間取りでした。
冬は窓が冷えるので、冬は寒かったけれど・・・

 

新団地は、玄関ホール・バストイレ別・ベランダ広めなので、そのスペースの違いかな?

4階建てエレベーター付き、1階エレベーター付近まで外からスロープが設置されている。

室内もバリアフリーで、高齢・車いすになっても生活できるように作ってあります。

窓(掃きだし窓)があるのはベランダ側の6畳の部屋だけで、
台所は昼間も暗くて電気つけなければ、キッチン周りの家事ができません。
風呂場、トイレも昼間でも真っ暗です。
一番良いところは、気密性が良いので冬が温かいところかな?
エアコンつけてるお宅もあるけれど、
私は、ほぼこたつだけで過ごしているので、電気代が助かるし窓ガラスが結露しません。

 

11月から団地の家賃が5500円下がりました。

10月に1年1回の減額申請をしました。

〇年齢70歳以上になったこと、

〇申請月の直近3か月継続で医療を受けた領収書(コピー)の提出で、

最高限度の減額を適用さられたらしいです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


 

もし、戸建て持ち家を持ったら、固定資産税や古くなると修理代がかかります。

(戸建ては修理するもしないも自分次第なので、束縛を感じませんが)

マンションを買うと、毎月の修繕費の積み立てがあります。

(これは自分次第とはいかず、束縛されますね)

 

そう思うと、都営団地は家賃安くて他にかかる費用はないのでありがたいです。

年金少ない私にはこれ以上安い住処がどこにもないと思うと、

自分には移住の自由が無いなと思ってます(>_<)

 

私はさすらい人なの?

慣れてくると逃げ出したくなる。

一番好きな歌「遠くへ行きたいです」(^_-)-

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪


人気ブログランキング




退職後から年金受給までの貯金取り崩しの実態




                 3334715_m
     

10年間以上にわたり家計簿をつけて金銭管理をしています。

「年金開始後3年間の収支」の記事
↑の日記で、2017年(67歳から)年金受給開始~2019年までの収支が
3年間で臨時収入含め 985000円の黒字でしたと書きました。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



今日は、
さかのぼって退職直後年から年金受給開始までの収支家計簿を確認しました。

退職したのは2015年3月(65歳4か月)で、年金受給できる年齢でしたが、
年金月額95000円程にしかならないことがわかったので、
少し増額するため年金繰下げをしました。

勤務していた訪問介護事業所は、賞与無し・退職金制度無しでした。
正確には「夏冬各2万円の年間4万円の寸志」
退職時の月の給料は社会保険料込みで総支給30万円でした。

2015年の1年間収入は、
3月までの給料+ハローワークから支給分+特別支給の年金=合計1833580円
支出が1625269円で208311円の黒字でした。

2015年退職後は「住民税・国民健康保険・介護保険」で総額45万円も払いましたが、
2015年は208311円の黒字でした。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



退職翌年2016年1月~6月までの前期は、
年金繰下げしたため無年金で預金取り崩し生活でした。

この年が一番頑張って、アンケート・会場調査などに積極的に参加して稼ぎました。
その時期の家計簿を見ると、6か月で副収入総額95280円でした。
前期は孫の小学校入学お祝い金やその他で、交際費合計57000円支出してました。

2016年1月~6月前期分収支

2016年1月~6月までの収入95280円に対し、
支出715696円で、前期約62万円の赤字(貯金取り崩し)でした。

これはかなわんわ(>_<)と思ったので・・・
2016年7月~2016年12月まで後期6か月は、
厚生年金部分のみ月約6万円受給することにしました。
国民年金部分は繰下げ継続しました。

2016年7月~12月後期分収支

 
7月~12月まで年金収入36万円+後期副収入118980円=478980円に対し
後期支出が456612円にとどまり、後期は22368円の黒字に収まりました。
この年も住民税と健康保険料約8万円支払いました。

    2016年1月~12月年間の収支

2016年 1年間の収入合計574260円に対し
2016年 1年間の支出合計1172308円なので
598048円の赤字でした。
********************************
2015年仕事引退し2017年年金生活開始して今年2020年の間で、
赤字だった年は2016年だけでした。

2015年と2016年の2年間は、就業していた余波?で、
住民税と国民健康保険料合計53万円程払いました。
598048円の赤字は大部分が、住民税と国民健康保険料支払いですね。

2017年からは国民年金部分も受給し始めて、
月額手取り107000円ですが、
月10万円範囲内生活で年間120万円生活すると、
年間84000円の貯金ができる計算です。

大きな目標「月8万円生活で年間324000円貯金」です。

 
月の家計予算8万円』をたてたときの記事です。

これができたら・・3年間で97万円の貯金ができます。


現在は、住民税非課税なのでありがたく、
欲しいものがあれば購入して、
我慢している気持ちがないのでストレスもなく、
現時点では支出に大きな変動なく暮らしている感じです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
ネットで買うならハピタスを経由するとお得!
楽天・YAHOOなどのポイントとハピタスポイントの2重どりポイント!!
そのうえクレジットカード払いならポイント3重どりになります!!!
アンケートもたくさん‼
化粧品モニター・覆面調査募集などもありますよ。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

こちらを参考にしています
家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪


人気ブログランキング






下流おひとり様のクレジットカード枚数




kakeibo




前回記事で ↑ キャッシュカードクレジットカード(の間違いです)6社の引き落としを郵貯通帳からと
書きましたが。。。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



改めてクレカの枚数を数えてみたら、9枚ありました。

2972

9枚のうちで最近は使っていないのがイオンカードで、
その他8枚は 使っています。

最近の支払いです。
2975

(この月は 楽天カード・セブンカード支払い無し)
クレカ支払い合計37214円です。
住宅は都営団地の家賃11555円です。
住宅家賃引き落とした時点で 預金残高が46068円になったので、
JAバンクから年金を引き出して、ゆうちょ通帳に入金しました。
預金残高が10万円を切ると、入金することにしています。

外出して実店舗の買い物でも、ほとんどをクレカ払いにしてます。

●セブンカード(コンビニとヨークマート)
●セゾンウオルマートカード(西友)
●三井住友パスポートカード(キッチンコート)
●dカード(ネットとスマホ代金)
●ビッグカメラスイカカード(スイカチャージ)
●ジャックスカード(主のカードで、ガス電気代払い、
実店舗での支払いが多いカード)
●楽天カード(楽天ネット購入)
●ワイジェイカード(yahooネット購入)



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



年金生活の貧乏人にしては カード持ち過ぎですね。
ハピタス経由で カードを作るとハピタスポイントがもらえるので、
それにつられて作ったのが多いです。
よく利用するスーパーマーケット
「ヨークマート・西友・キッチンコート」のポイントが、
提携カード(っていうのかな)で、
支払うと多く付与されるというのにつられたというのもある。

そろそろ整理しなきゃです。
....................................................


ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

今後のささやかな(お金の)楽しみ




実は明日一つ歳が増えます。
71歳です。

65歳までは年取るのが嫌じゃなかったんです。
むしろ、早く65歳になりたかった。
なぜかというと、仕事を辞められるから!

59歳で前の介護事業所を退職し、
ハローワークから失業手当を受給していた時、
娘が第一子を出産し、産後の家事を娘宅に泊りがけで1か月ほど手伝っていました。

その時、介護関係の知り合いの人から、
「前任ケアマネが会社を辞めるので、担当利用者を引き継いでほしいので、
社長が自分の会社に来てほしいと言ってるよ」と、
頼まれて急遽その会社に59歳で就職したのです。

私としては、まだ失業保険受給中だし、
ちょっと通勤が遠いのでその会社はちょっと気が進まなかったけれど、
社長の熱意にほだされたというのが正直な気持ちでした。

その後、自分の住む近くに関連会社が一つあったので、
転勤させてもらいました。

その会社は定年制はなかったけれど、私は65歳で仕事をやめると決めていたので、
早く65歳になりたかったのです。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">



65歳になっても、すぐに年金受給せずに繰り下げしました。
67歳から本格的に年金生活を開始しました。

都営住宅は 収入が減ると手続きすれば家賃が減額になります。
なので退職してすぐに減額の手続きをしました。

現在も、年金収入額が少ないので、
毎年、減額の手続きをしなければ家賃減額してもらえません。

昨年10月は69歳で減額手続きしました。

そして今年10月は70歳での手続きでした。
家賃が70歳過ぎると少し安くなるらしいのと、
減額手続き直近に、医療を3か月継続してかかっていると安くなるらしいのです。
その領収書も添えて、手続きをしました。
今月中には、家賃が決定してお知らせが来ると思います。
どのくらい安くなるのか、楽しみです。

家賃の減免申請に行った日の記事

それと、2年前に携帯をスマホに変えました。
その時、スマホの機種代金が一括払いでも分割でも変わらないと聞いたので、
2年間の分割にしました。

スマホの利用料金+機種代分割(1397円)の合計月額3537円を払ってきましたが、
今年で機種分割払いが終わるので、利用料金のみだと、2200円ほどになります。
それがうれしいです。

スマホのパケット料金(?ていうのかな)は、娘夫婦と3人でシェアしているので、
私の支払い分は安いので助かってます。

今後、家賃とスマホが安くなるのが楽しみです。

年金生活になってからは、働かなくても生活ができることに満足し、
(私が、どんだけ仕事嫌いだったか、
未納年金を挽回するために65歳まで働いたかがおわかりになるでしょう)
人生で初めて・・現状維持でこれ以上歳を取りたくないと思うようになりました。

しかし、生けるものたちは、年齢だけは平等にとっていきますこれだけは抗いようがないですね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
以上。
ここまで、本日午後4時ごろ下書きを書きました。
そして、夕方6時ごろ郵便ポストを確認に行きました。
「都住宅供給公社」から封書が届いてました。
家賃の減額のお知らせでした。
11月から1年間の家賃「月6055円」になりました。
団地自治会費は別途1000円徴収されます。

「70歳以上と3か月の医療継続」が、家賃算定条件に大きかったようです。
先月10月までの1年間の家賃(月11555円)より月5500円安くなっていました。
低年金生活には、とてもありがたいです。

ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング




スポンサードリンク
最新コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

arasebun:

訪問ありがとう♡
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ