下流のお一人様家計簿blog☆彡

座右の銘#お金は取るより使いよう(ご立派な 負け惜しみ・・)

人はいろいろ話

人生相談に思うこと



平日聞いているラジオで、テレフォン人生相談という番組があります。
MCの加藤たいぞうさんという人が、
番組初頭で「あなたの認めたくないものは何ですか?どんなに苦しくてもそれを認めれば道が開けます」
と言います。
 人生相談の相談内容を聞いていると、人への憎悪が多くあります。
相談内容を聞いたところ、他人の言動に敏感過ぎるんじゃないかなって思う時が多数です。

認めたくないもの(嫌いな人のことや、自分が言われた嫌なこと)を指しているのかなと思います。
それがあるから悩みや怒り絶望があり、人生相談に頼るんでしょうけど、
中には人を変えるより自分の思考を変えたほうが、手っ取り早いのにと思うことがしばしばあります。
そして加藤たいぞうさんの言う認めたくないものは、自分の性格(特に悪い部分を認める)のことも表しているのでしょう。
でも自分の性格で、悪い部分を認めるためには、悪い部分に気づくことができなければなりません。
そのためには客観的に自分を見つめて、悪いところを認めることが大切でしょうね。


ここからは自分のことなんですが、人とのかかわりにおいて、
自分に厳しく、人には甘くは私にはできません。
(自分に厳しくの部分が、できないからという情けなさ)
自分に甘く、人に厳しいのは してはいけない事だと思ってます。
たまに「自分に厳しいから、人にも厳しさを求めているのだ」という人がいます。
(たいてい自己満足的な方が多い)

私は基本、自分に甘いので、人にも甘いのが好きです。

私が嫌いな人の話では、
若いころ、田舎で工場勤務してた時嫌いな上司がいました。
お昼時間になり、全員が食堂で弁当を食べます。
勤務日のその昼食風景は、食べることを楽しむというより、
生きるため空腹を満たす、午後の仕事頑張るため食べる、という感じでした。
嫌いな上司が、弁当を頬っぺたいっぱいに口にかっ込む姿を見てると、
嫌いで憎む気持ちが薄れるのでした。

 
現在でも私は 勤務日の昼食摂る人の姿には弱いです、楽しそうな食事姿には何も感じないのですけどね。
そして 外国の貧困地帯や、日本のホームレスの生きるための食事している姿を見ると、
切なくなってしまうのです。

ポチッとよろしく(^_-)-☆
筆者が喜び
励みになります
家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村





亡き夫への後悔「ラーメン鍋」

おひとりさまアラセブン(訳:独居老人70歳)は、買い物・用事等ない限りは、ほぼ引きこもりです。
目的なく歩く散歩が苦手なんです(認知症になっても徘徊はしない自信があります)
体のために、近所にある女性専門フィットネスのカーブスを無料体験したこともあるけど、
月会費が高いし、元が取れるほど通う自信がないので契約しませんでした。
それと・・働いてるトレーナーさんが帰りがけに「○○子さんお疲れさまでした」と声をかけるんです。
苗字で呼ばれるのは普通に慣れているけど、名前呼びにギョッとして・・なぜかウワッと思ってしまいました。

人と会わなければ・・新ネタはなく・・思い出すのは昔のことばかり。

だ~~~いぶん大昔の話しやけど・・・

私が独身時代に東京に出てきて会社勤めをしとった時、同僚の女の子には、
会社の取引先に彼氏がおったがやちゃ。
その彼氏は信州に住んでおった人で、休日には東京に車で遊びに来たりしておった。

なんでかその時、私はその同僚女子のアパートで、彼女・彼氏と私の3人でおることが多かったがや。
そして、彼氏が「腹、減った」と言うと、彼女が一人分の片手鍋でインスタントラーメンを作って、
「どんぶり洗うの大変だから・・」と、
いっつもその鍋のまま彼氏にラーメンを食べさせておったのがとても印象に残ったがや。
(こんなガサツな私でも、好きな人に食べさせるときは、せめて丼に入れるわ、と思うておったからやろね)
やがてそのカップルは結婚して、彼女は、その彼氏の住む信州に引っ越していったがやちゃ。

交友はそれっきりになってしまったがやけど、7・8年ほどたったころ、はがきの整理をしておったら
彼女からのはがきが出てきたもんで、電話をしてみたがやちゃ。

「久しぶり元気?」「元気だよ」とあいさつの後、

「○○くんは、元気?」と旦那のことを聞いたら 「○○君死んじゃった・・」と震えた声で言うたがや。
「うそ・・?ほんと?何で?」
「ほんとだよ・・30歳で死んだ・・
こんなことなら、あの時ラーメンを鍋で食べさせなきゃよかったよ、もっと良くしてあげればよかった・・」
と言うたのが、悲しい彼女の第一声やったがやちゃ。

シンプル、エコ、ミニマリストのおひとりさま生活(本音はビンボーなだけ)を目指す今の私になら、
「鍋で作って ふたで食う」(どっかの国にこんな言葉があるらしい)
このライフスタイルとやらがピッタシかもしれんな~

家計簿見せて♪ランキングに参加してみました。
クリックで応援していただけたら 筆者が喜び励みになります
家計簿みせて♪ ライフスタイルブログ・テーマ
家計簿みせて♪
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村        


ヘルパーにかける魔法の言葉





介護関係の約15年間の仕事でいろいろな家庭を見た。介護サービスを利用していた大勢の人たち。
良かったこと、理不尽な出来事など、結構記憶にある。
でもそれに関わったサービス利用者名前はすべてというぐらい忘れてしまっている。

その中でフルネームしっかり覚えている高齢夫婦がいる。
私がサービス提供責任者になりたての時に、
掃除・入浴介助で入っていた家のSさん夫婦。
ご夫婦のフルネームは、一生忘れないと思う。
私は奥さんのほうを担当していたがいつも私にかけてくれた言葉が忘れられない。
どの家も平等の気持ちで行うのがヘルパーの役目ではあるけど、ヘルパーも感情もつ人間なので、
好きな家・苦手な家はある。
ヘルパーが喜ぶ言葉をかけられると、大変な仕事でも頑張る気になるのです。
旦那さんのほうには男性の登録ヘルパーが担当していた。ヘルパーになりたて30歳ぐらいの男性だった。
とてもまじめに仕事に取り組む男性だった。
 その男性ヘルパーは、失礼ながら外見が良いほうではなかったし、
会話も上手とは言えないことが要因としてあったのか?
(少し不器用だけど、一生懸命仕事する人です)
他の介護サービス利用者宅を訪問しても「あんな人はいや」とヘルパー交代を希望されたり、
玄関先で断られ家に入れてもらえなかったと帰ってきたこともあった。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-3159902706487772"
data-ad-slot="8389535142"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


そんな男性だったが、Sさん夫婦の奥さんから聞いた話「うちのお父さんはあの方が気に入っているのよ。
すごいまじめな人だから・・まだヘルパーになったばかりなんだってね、
お父さんが『僕の家で練習して,一人前になりなさい』と言っているのよ」と話してくれた。
サービス提供責任者の私が、とてもうれしくて感動した言葉だった。

 私にかけてくれた奥さんからの言葉は,
 「ありがとう助かるわ、貴重な仕事ね」    です。
自分も、もし介護サービスを受けるようになったら
Sさん夫婦のような言葉をヘルパーにかけようと思っています。

このお宅には、障害で働けない娘さんがいました。
いつも、ヘルパーの仕事が終わると、旦那さんが娘さんに声を掛けます。
「お姉ちゃん!ヘルパーさんに甘い水あげて・・・」

甘い水はジュースのことです。
高齢になるとすぐ言葉が出てこないらしく、いつも、甘い水と言ってました(^^♪
私は心の中で(私は ホタルか!!)といつも、ツッコミを入れてました(^_-)-☆

.............................................................
ランキングに参加しています下流で独りの家計簿blog - にほんブログ村
応援クリックをいただけたら励みになります

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

夫の棺に入れたお金

六文銭 をご存じですか?ネットで調べると、yjimage


六文銭=三途の川を渡る船賃として死者に持たせるお金のこと
〔現代なら紙に印刷したものを持たせる人もいる〕
このように書いてありました。

20年前にそのおばあちゃんは世田谷の大きな家に住み、語った話では、
昔・おばあちゃんが東京新宿に住んでいたバブルの時代、
道路拡張に懸かり立退料のお金をもらって、ここ世田谷に住んでいると。

金額は決して私には言わなかったがだけど・・

「まあ、宝くじに2回当たったようなもんね・・・
この家も、即金で買ったのよ」
もらった金額は決して言わないがやけど・・・
(その当時は宝くじ最高当選金額2億円程だったと思う)

「新宿で20坪ほどの土地、坪・2千万・・・」

と、こんなバカな私でもわかりやすく計算できるように言う。

そのお金をもらって、1年ほどで、夫が亡くなったがやと。

・・そこで・・・

『三途の川を渡る船賃』として・・・
「棺に壱万円札を三十枚入れてやった・・・」と。
(!!六文銭が30万円!!)

もちろん!!真札やぞ!!!
(さぁ、さぁ あなたなら・・なんぼ!?!?)

 

(わたしなら燃やしません 人のお役に立てるよう寄付します!!ので・・

    
           
          神様ぁっっ~~!!!!!
この良い心がけのわたくしめに、どうか、どうか当選宝くじ券お与えください...ませんか?
🙏

 

というこの私め 花より団子、いえ夢より現実

宝くじ→多空くじになるのを恐れ 数年間宝くじは買ってません。

(くじ運がまったく無い自分をわかっているから 泣)

一日食費600円が目標の生活する予定なので、3000円分の宝くじだと

5日間飲まず食わずで過ごす羽目になるからね。

>
スポンサードリンク
最新コメント

PVアクセスランキング にほんブログ村
プロフィール

arasebun:

訪問ありがとう♡
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ